SAMBOでパンケーキ。 バターミルクたっぷりって・・・


 梅雨のまだ明けないこの地方だけど、昨日は快晴。窓から差し込んできた太陽の明かりで目が覚めた。午前10時。
 こんな日に出かけないなんて勿体無い。
 お昼ご飯を食べに行こかとおもって「地元・バイカー・カフェ」で検索。
 「SAMBO Cafe」というお店に行くことにした。片道70辧軽いツーリングになりそう。

 このお店、6月中旬にオープンしたばかり。サイトには「バターミルクたっぷりのパンケーキが自慢です」と書いてある。
 サンボ・バター・パンケーキで思い出したのが、トラがバターになって家族でお腹いっぱいパンケーキを食べるおはなし。サンボは169枚食べました。めでたしめでたし。
 以前参加した演劇の公演で たしか「ちびくろサンボのバターになったトラみたいにぐるぐるまわって・・・・」というセリフがあって 公演アンケートに、「“ちびくろサンボ”という言葉を出すとは何ごと・・・」と厳しく書かれてたのを思い出した。
 「ちびくろサンボ」は20年以上前に、出版社がこの絵本の出版を自主的に取りやめその後絶版となってしまうということがあった。
図書館や各家庭から「ちびくろサンボ」を集めて燃やすという過激な事をした団体?もあったような・・・・。
 アメリカでは、主人公の名前「サンボ」がアメリカ合衆国における黒人に対する蔑称ということで、日本も〜ということだったのか。

 このおはなしの舞台は トラがいる国。つまりアフリカではなくアジア。たぶんインドとかそっち。インドにはシェルパ族というのがいて、そこの言葉「シェルパ語」では、サンボ=優秀なという意味だそうだ。また作中でてるくサンボの両親、父-ジャンボ・母-マンボも「ジャンボ(やさしい)」「マンボ(たくさんの)」という意味だとか。日本では「サンボ」より「ちび」のほうが問題だったかもしれないけど・・・・原題は「The Story of Little Black Sambo」。
 今では「ちびくろサンボ」という昔のままのタイトルで本屋さんで売られるようになってる。

Amazonでも「“ちびくろサンボ” [単行本] ヘレン・バナーマン (著), フランク・ドビアス (イラスト)」とこの通り扱っている。


 で、お店は、バイカーズカフェってことで、HARLEY-DAVIDSON Sportsterのガレージにカフェが併設される感じ。窓を開け放してて風が入ってきていい気持ち。自慢のパンケーキは、特に甘党ではない自分がメープルシロップをたっぷりかけて食べても「おいしい!!」。他に開発中のホットドック用のソーセージを試食させてもらったら、これも凄くうまくて、「ホットドックが食べてみたいですぅ〜」などとお世辞が言えず「このままが一番美味しいからマスタードやケチャップをかけるのは良くない」と本音トークしてしまった。
 お店の名前はあの絵本からもらったんだと思う。パンケーキが先で連想的にそうしたんじゃなかろうか。

 今度行ったときに聞いてみよう。


Nadja / 19:45 / comments(4) / -
Comment
パンケーキおいしそう〜☆
(って、メープル駄目やけど^^;)
しかし70kmって、もはや地元じゃない・・・
Posted by: だやん |at: 2011/07/07 12:54 AM
この日は「ベーコン添え」を食べました。生クリームとかブルーベリーソースとかもオーダーできます。メープルもいいけどバターだけでもおいしい。
県内だから〜
Posted by: Nadja |at: 2011/07/07 1:00 AM
をー いいカフェができたんだね〜!! 今度いってみよっと。って、どこだろー。
Posted by: ひかる |at: 2011/07/07 2:45 AM
SAMBO Cafeで検索してみてください。facebookのページがhitします。
Posted by: Nadja |at: 2011/07/07 10:50 PM








Page: /   

Nadja photolog


Nadjaのなんでも写真ぶろぐ
Entry: main   << >>
Page: /   

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Search

ENTRIES

COMMENT

ARCHIVES

CATEGORIES

Profile

BOOK LOG

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM